各種ダイカスト製造や精密金型設計制作、
亜鉛・アルミ整形、小物ダイカスト製品の製造

事業内容

ホーム > 事業内容

中村ダイカストの特色

弊社では以下を目標とし、日々技術向上を行いつつより良い製品創りを行っています。

ロゴマークコンセプト弊社は多種多様な精密部品の作製に対応すべく、先ずはより緻密且つ精密な金型の設計・製作を目指しています。
図をご覧頂きたいのですが、中村ダイカストのロゴマークはダイカストの元になる金型をモチーフにしてあります。
それは既に金型から「メイドインジャパンの底力をみせる」という思いを形にしたものです。
これらの目標を達成すべく、日々社員一丸となって作業を行っております。
ダイカスト金型を用いた非鉄金属(合金)の鋳造のお話は基より、後加工・表面処理などを含め、完成品での納入を最も得意としています。

中村ダイカストの強み

  • ダイカスト鋳造以外のNC切削加工・穴開け・タップ等の2次加工も自社工場内で行う為(メッキなどの表面処理を除く)、タイムラグが非常に少なく、常に短納期での作成・納入が可能。
  • 全ダイカストマシンに「取り出しロボット」と「全自動金型監視カメラシステム」の導入によるNG発生率の大幅な削減により安定した品質の保持の実現を可能にしている。
  • PCによる各工程のシステムの管理を行い、生産効率の大幅な向上を実現。

ダイカストとは

ダイカストについての概要です。

ダイカスト (die casting) とは、金型鋳造法のひとつですが、砂型鋳造法などに比べると100年程の歴史しかない新しい方法であり、日本では1917年(大正6年)に最初のダイカスト会社が大崎(東京都)に設立されたと言われています。
ダイカスト鋳造法は、従来の鋳物の製法と異なり、金型に溶融した金属を圧入することにより、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産する鋳造方式のことです。
ダイキャストとも言われますが、新しいが故にまだまだ改革・改良の余地のある鋳造方式であると言えます。
またこの鋳造法だけでなくダイカストによる製品をも指します。

ダイカスト製品の製造工程

ダイカストの製造工程

金型設計・制作

弊社では、金型の設計・制作にも多数の実績と自信があります。他社で断られた案件もご相談ください。

金型設計のCAD画面金型(かながた、die and mold)とは、工業製品の金属製や樹脂製の部品をプレス加工のような塑性加工や射出成型などにより製造するための型のことであり、模型をさす場合もあります。
多くが金属製ですが例外もあります。また、加工工具の一種とも見られますが、工具が集団的にシステム化し特定の部材成形に特化している点に大きな違いがあります。
中村ダイカストでは、他社には真似できない精密な部品を作るための高精度な金型を制作しています。
他社に断られた案件も、弊社にお任せください。